軽井沢で別荘を購入する時の話

10月 24, 2013 by
Filed under: 軽井沢不動産 
今日は軽井沢で別荘を購入する時の話をしたいと思います。

軽井沢の不動産業者の多くは、別荘の販売にかなり力を入れているのですが、別荘を購入するには、やはりそれなりに経済的余裕が必要になるため、客層としてはお金持ちのお客様が多い訳です。

一般の不動産売買と言うと、一生に一度の大きな買い物となりますので、お客様もかなり慎重に物件を見極めようとします。

しかし軽井沢での不動産の場合ですと、お金持ちのお客様となりますので、それほど細かいことをいちいち気にしません。それから軽井沢の不動産売買に関しては、新しい物件を購入するよりも、どちらかといえば中古物件が売買されることの方が多いのです。

実際に軽井沢の不動産は頻繁に売買がされ、所有者がコロコロ変わります。

それもそのはずです。

よく考えてみると別荘などと言うのは、永続的に所有し続けるものではありません。保養目的で購入したとしても、いずれ要らなくなれば手放す時が来ます。

例えば知人を呼んでパーティーをしたり、子供夫婦や孫を呼んだりと、一時は度々利用していたとしても、その後誰も来なくなり使わなくなれば、処分するほかありません。別荘と言うのは維持するのにも費用が相当掛かります。

固定資産税も掛かりますし、放っておいて管理をしなければ、建物自体にガタもきますので、管理費用も掛かってきます。

しかし売りたい人がいれば、やはり買いたい人も出てきます。

いつの時代も一部の富裕層は生まれてくるのです。

中古物件を購入する時は、特に建物自体に欠陥が生じていないかという事をよくチェックしなければいけません。不誠実な業者であればこういったことを曖昧にしておいて、そのまま売却してしまうケースもあります。