エリアごとの特徴

12月 17, 2013 by
Filed under: 軽井沢不動産 
軽井沢には様々なエリアがあります。

西軽井沢、南軽井沢、新軽井沢、旧軽井沢、中軽井沢などです。

それぞれエリアごとに特徴があり、エリアが放つ雰囲気も少しずつ違います。

ある程度エリアが分かってくると、旅行するにもプランが建て易いと思いますし、別荘の購入を考える人も、どのあたりの別荘を購入するかという参考にもなると思います。

順番に紹介していきますと、まず西軽井沢エリアですが、このエリアは非常に落ち着いた雰囲気の町で、リゾートマンションやゴルフ場なども存在し、標高が高いこともあって、とても涼しく、避暑地としては大変人気があります。


南軽井沢エリアですが、こちらは有名な別荘地が多く(別荘情報サイト:軽井沢不動産.jp)、レイクニュータウンや丸紅別荘地などの、代表的な別荘地があるだけでなく、定住者たちが住むエリアも混在しています。

旧軽井沢エリアの南に位置するのが、新軽井沢エリアです。

このエリアは東京からの玄関口ともなっており、商業エリアでもあるため、バラエティに富んだ様々なお店が存在します。

旧軽井沢エリアはショーハウス記念館があることでもよく知られていますが、軽井沢に初めて別荘を持ったアレクサンドル・クラフト・ショーの邸宅は、軽井沢別荘地の形成史にも深く関係します。

アレクサンドル・クラフト・ショーが別荘を持ったことによって、現在の別荘地が形成されていったと言っても過言ではありません。そのためこのエリアは、歴史ある別荘が沢山存在します。

中軽井沢は星野温泉や千ヶ滝温泉、塩壺温泉などの温泉がたくさんあるエリアですし、自然が豊かで心落ち着く場所です。