軽井沢で別荘を購入する時の話

10月 24, 2013 by ·
Filed under: 軽井沢不動産 
今日は軽井沢で別荘を購入する時の話をしたいと思います。

軽井沢の不動産業者の多くは、別荘の販売にかなり力を入れているのですが、別荘を購入するには、やはりそれなりに経済的余裕が必要になるため、客層としてはお金持ちのお客様が多い訳です。

一般の不動産売買と言うと、一生に一度の大きな買い物となりますので、お客様もかなり慎重に物件を見極めようとします。

しかし軽井沢での不動産の場合ですと、お金持ちのお客様となりますので、それほど細かいことをいちいち気にしません。それから軽井沢の不動産売買に関しては、新しい物件を購入するよりも、どちらかといえば中古物件が売買されることの方が多いのです。

実際に軽井沢の不動産は頻繁に売買がされ、所有者がコロコロ変わります。

それもそのはずです。

よく考えてみると別荘などと言うのは、永続的に所有し続けるものではありません。保養目的で購入したとしても、いずれ要らなくなれば手放す時が来ます。

例えば知人を呼んでパーティーをしたり、子供夫婦や孫を呼んだりと、一時は度々利用していたとしても、その後誰も来なくなり使わなくなれば、処分するほかありません。別荘と言うのは維持するのにも費用が相当掛かります。

固定資産税も掛かりますし、放っておいて管理をしなければ、建物自体にガタもきますので、管理費用も掛かってきます。

しかし売りたい人がいれば、やはり買いたい人も出てきます。

いつの時代も一部の富裕層は生まれてくるのです。

中古物件を購入する時は、特に建物自体に欠陥が生じていないかという事をよくチェックしなければいけません。不誠実な業者であればこういったことを曖昧にしておいて、そのまま売却してしまうケースもあります。





エリアごとの特徴

12月 17, 2013 by ·
Filed under: 軽井沢不動産 
軽井沢には様々なエリアがあります。

西軽井沢、南軽井沢、新軽井沢、旧軽井沢、中軽井沢などです。

それぞれエリアごとに特徴があり、エリアが放つ雰囲気も少しずつ違います。

ある程度エリアが分かってくると、旅行するにもプランが建て易いと思いますし、別荘の購入を考える人も、どのあたりの別荘を購入するかという参考にもなると思います。

順番に紹介していきますと、まず西軽井沢エリアですが、このエリアは非常に落ち着いた雰囲気の町で、リゾートマンションやゴルフ場なども存在し、標高が高いこともあって、とても涼しく、避暑地としては大変人気があります。


南軽井沢エリアですが、こちらは有名な別荘地が多く(別荘情報サイト:軽井沢不動産.jp)、レイクニュータウンや丸紅別荘地などの、代表的な別荘地があるだけでなく、定住者たちが住むエリアも混在しています。

旧軽井沢エリアの南に位置するのが、新軽井沢エリアです。

このエリアは東京からの玄関口ともなっており、商業エリアでもあるため、バラエティに富んだ様々なお店が存在します。

旧軽井沢エリアはショーハウス記念館があることでもよく知られていますが、軽井沢に初めて別荘を持ったアレクサンドル・クラフト・ショーの邸宅は、軽井沢別荘地の形成史にも深く関係します。

アレクサンドル・クラフト・ショーが別荘を持ったことによって、現在の別荘地が形成されていったと言っても過言ではありません。そのためこのエリアは、歴史ある別荘が沢山存在します。

中軽井沢は星野温泉や千ヶ滝温泉、塩壺温泉などの温泉がたくさんあるエリアですし、自然が豊かで心落ち着く場所です。





冬の軽井沢を楽しむ

1月 12, 2014 by ·
Filed under: 軽井沢不動産 
軽井沢は避暑地としてのイメージが強いと思います。

軽井沢の夏は、東京と比べると非常に涼しく、夏の間はとても快適に過ごすことができると思います。

避暑地として軽井沢を訪れる人、別荘を持つ人もたくさんいる都市として知られています。


軽井沢の別荘をお探しの方はこちら「軽井沢の別荘情報」が参考になると思います。

そんな軽井沢ですが、軽井沢は年中気温が低く、夏のシーズンが終ると肌寒くなり、冬になるととても観光に練り歩ける気温ではありません。観光シーズンと言えば、7月から8月にかけての短い期間だけで、冬の軽井沢の楽しみ方と言えば、やはりウインタースポーツじゃないかと思います。

軽井沢や北軽井沢周辺には草津、万座、菅平など多くのスキー場があり、これらのような、所謂リゾートタイプのスキー場に行き、友人達と数人でペンションや貸別荘などに泊まるのも悪くないと思いますし、家族連れの場合でしたら、ファミリー向けスキー場である、軽井沢スノーパークなんかもいいと思います。

殆どのスキー場はシーズンが大体11月か12月頃から、3月から4月くらいまで、長くやっているところは5月くらいまで滑れます。

またスキーだけでなく、長野オリンピックの時にも使用された、通年型のアイススケートリンクもあります。

そしてもう一つ冬の軽井沢の魅力があります。

それは温泉です。

草津温泉、星野温泉、千ヶ滝温泉など、有名な温泉がたくさんありますが、特に私のお勧めは星野温泉です。

星野温泉トンボの湯は、温泉に浸かりながら、季節を彩る星野の風情ある景色を眺めることができ、その光景は何とも絶景です。





軽井沢を旅行するには

2月 17, 2014 by ·
Filed under: 軽井沢不動産 
当ブログをご覧の方の中には、別荘ライフに憧れはするものの、自分の資産規模ではとてもじゃないが、別荘を持つことは夢のまた夢だと考える方もいるかも知れません。そんな方はまず、一度軽井沢を旅行してみてはいかがでしょう。今回は軽井沢を旅行するときの豆知識をお教えしたいと思います。

軽井沢を旅行するには、ホテルでの宿泊費など、旅費が相当掛かるのではないかと思われがちですが、最近は格安のビジネスホテルなどが駅前にできたりしていますし、一般の方でも気軽に旅行を楽しめるようになりました。軽井沢を観光して回るのであれば、観光ルートにもよりますが、歩いて回るのも良いですし、大抵の場所は自転車で回ることができると思いますので、軽井沢内にあるレンタサイクルを利用すればいいと思います。

車で軽井沢に入ると、駐車場が中々みつからなかったり、やたらと渋滞に巻き込まれたりもしますので、観光するのであれば自転車の方が楽です。

近くにあるレジャー施設やテーマパークまで足を伸ばすのであれば、車が便利な場合もありますが、そういった場合は軽井沢にあるレンタカーを利用すればいいと思いますし、わざわざ車で現地まで赴く必要はありません。軽井沢で食事を楽しむのであれば、せっかくですから老舗の洋食店を探してみると良いでしょう。中には所謂別荘族向けの、「一見さんお断り」のお店もありますが、最近はインターネットで何でも情報が得られるようになりましたので、食べログやその他の情報サイトで、事前にグルメ情報をチェックしておくといいでしょう。お店によって客単価はまちまちですが、ランチなどでしたら予算1,000円くらいでおさまるお店もあります。





軽井沢の別荘ライフ

3月 19, 2014 by ·
Filed under: 軽井沢不動産 
このブログでは軽井沢の別荘ライフに憧れる皆様に向けて、軽井沢の別荘地に関する情報をお届けして参りたいと思います。

別荘と聞けばやはり一番先に軽井沢を思い浮かべるのではないかと思いますが、では軽井沢と言えば何を思い浮かべますか。私の場合まず緑豊かな自然と、美しく広がる町の景観です。

軽井沢には「軽井沢町の自然保護対策要綱」と言うものがあり、建物の高さだけでなく、建物の色や照明など細かな取り決めがされており、町を挙げて自然や景観の保護に取り組んでいます。

軽井沢はお金持ちやセレブのマダムが過ごす町と言うイメージが強いですが、毎年一般観光客もかなりの数訪れる観光地であり、特に長野オリンピックの時に新幹線が開通して以降は、外部からのアクセスもスムーズになしましたし、軽井沢駅周辺に大型の複合施設ができるなど、駅周辺も大変な賑わいをみせるようになりました。セレブな気分を味わおうと、休みを利用して遠方から遊びに来る人達もいますし、駅前のプリンスショッピングプラザにアウトレットもありますので、買物だけにわざわざやってくる人も少なくありません。別荘を持つ人達は「別荘族」と呼ばれますが、この別荘族達がどう言った過ごし方をするのかと言うと、それは人それぞれ違います。

友人を招いて宴会をする人達もいれば、ゴルフやテニス、乗馬を楽しむ人達もいます。

観光地であると共に、今も昔から変わらず一部の富裕層達が、暑い夏を快適に過ごすための避暑地でもある訳です。